ENVIRONMENT

環境方針

適用組織は、全社員が自主的に人類共通の重要課題として環境負荷軽減に取り組み、コンサルティングサービス活動及びオフィス活動において環境への配慮のもとに活動する。この活動を通じ、「優れた技術と判断力で真に豊かな社会創りに貢献する」ことを基本方針とする。

1. 遵守

コンサルティングサービス活動及びオフィス活動において、各組織の全社員が、環境基本法の基本理念を遵守するとともに、関連する環境の法規制、及び、各組織が同意するその他の要求事項を遵守する。

2. 環境に配慮したコンサルティングサービスの実施

コンサルティングサービス活動において、各種公共施設等の計画、設計(開発を含む)、調査及び付帯サービスに関わる企業として、品質と共に循環型社会や低炭素社会の形成による環境負荷軽減、環境の創造と修復等に配慮してサービスを実施する。

3. 環境保全活動への取組み

オフィス活動において、各組織の全社員が環境保全活動の重要性を自覚し、地球温暖化防止、資源保護、汚染防止等に取組む。

4. 継続的な改善

環境マネジメントシステムの有効性を維持・向上させるため、システムの運用状況を定期的に確認し、継続的な改善に努める。

2021年6月1日
代表取締役副社長 吉川 悟司