river-harbor

河川・港湾

福山港 国際コンテナターミナル整備

2010.03.31

作品集:福山港 国際コンテナターミナル整備
 

 2005年に広島県東部の国際物流拠点(対中国・韓国)として、福山港国際コンテナターミナル(第1バース)が完成し、さらなる貿易取扱量増加のため、西側に第2バースが計画・増設されました。この岸壁の基本・細部・実施設計を行いました。

  • 本体構造はジャケット式で係留施設としては広島県内初
  • 軟弱地盤対策として地盤改良(SCP)施工
  • 埋立土には水砕スラグ使用(近接するJFEスチールから安価に入手)
  • 上部工にはプレキャスト版を使用。ジャケット工法とともに工期短縮に寄与。 施工期間は約2年
  • オール先行杭式は全国でも特異な例
  • 将来を見据え、ガントリークレーン2基(30.5t吊り)同時載荷体制での検討も実施

 
 規模の違う3タイプのジャケットを3次元フレーム解析にて、詳細部材を決めることに加え、精度を要するガントリークレーンレール基礎設計等に苦労しました。

 

施設名
福山港箕沖地区-10m岸壁(第2バース)
業務名
重要港湾 福山港港湾修築事業に伴う業務委託
場所
広島県福山市箕沖
期間
平成20年度、21年度
竣工
平成23年3月
事業主体
広島県東部建設事務所