recycling

資源循環

堺市クリーンセンター施工監理

2018.03.31

EJEC 堺市クリーンセンター施工監理
 堺市では、二つあった処理施設のひとつである南工場の老朽化により更新施設の整備の必要が生じましたが、都市計画決定区域内での更新用地が確保できなかったため、平成25年3月に暫定的な施設として臨海部に臨海工場を建設することになりました。建設にあたりPFI方式が採用され、PFI法に基づき堺市・資源循環型廃棄物処理施設整備運営事業を遂行している株式会社堺クリーンシステムから発注を受けました。
 本工場では溶融処理を行っており、発生する溶融スラグは建設資材等に、溶融メタルは建設機械のおもり等に利用され、資源化を推進するとともに、最終処分量の低減を図っています。

事業主体
堺市
施設名
堺市クリーンセンター臨海工場
場所
大阪府堺市堺区築港八幡町
期間
事業期間 :平成19年4月〜平成45年3月
アセス期間:平成19年4月〜平成21年3月
設計期間 :平成20年10月〜平成22年7月
建設期間 :平成20年2月〜平成25年3月
運営期間 :平成25年4月〜平成45年3月
事業方式
PFI(BTO)方式
特別目的会社
(SPC)の概要
称号:株式会社 堺クリーンシステム
設立:平成19年2月
構成会社
 ・新日鉄住金エンジニアリング株式会社
 ・大阪瓦斯株式会社
 ・奥村組土木興業株式会社
 ・利晃建設株式会社
 ・株式会社大建設計
 ・日鉄住金環境プラントソリューションズ株式会社
 ・川崎重工業株式会社
施設概要
処理能力:450t/日(225t/24h×2炉)
処理方式:シャフト炉式ガス化溶融方式
発電能力:(蒸気タービン発電機)13,500kW
    :(ガスエンジン発電機) 2,445kW(815kW×3基)
排ガス基準:ばいじん 0.02g/m3N以下
     :硫黄酸化物 20ppm以下
     :窒素酸化物 50ppm以下
     :塩化水素 20ppm以下
     :ダイオキシン類 0.1ng-TEQ/m3N以下
敷地面積:約30,000m²
業務名
(仮称)臨海工場建設工事 設計・施工監理業務
業務期間
平成20年2月〜平成25年3月
業務内容
平成20年2月〜平成22年7月:基本設計・実施設計監理
 平成22年6月〜平成24年12月:土木・建築工事常駐監理
 平成22年7月〜平成25年3月:プラント機械常駐監理
 平成22年10月〜平成25年3月:プラント電気常駐監理