HARASSMENT PREVENTION

ハラスメント行為の撲滅宣言

 株式会社エイト日本技術開発(以下、「当社」という)は、すべての個人が尊重され、互いの信頼のもとに良好な人間関係を構築し、活気ある職場をつくるため、「ハラスメントの撲滅」を会社として真摯に取り組みます。
 「職場内ハラスメント防止規程」に示す禁止行為の主旨に基づき、下記に示すようなハラスメント行為を許しません。

1. パワーハラスメントに関する行為

  • ・職場で働く者に対して、職務上の地位や権限、職場内での優位性を背景に業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える、または、就業環境を害する言動行為(恫喝・暴力・無視等々)
  • ・職場で働く者に対して、本来の業務の範疇を超えて人格や尊厳を否定するような言動を繰り返す行為
  • ・勤務場所や就業時間内に限らず、実質的に職場の延長とみなされる範囲内に行われる、職場等の宴席、行事等で理不尽な要求や強要をする行為

2. セクシュアルハラスメントに関する行為

  • ・勤務場所や就業時間内に限らず、実質的に職場の延長とみなされる範囲内に行われる性的な言動や、職務上の地位や権限、職場内での優位性を背景に業務の適正な範囲を超えて交際や性的関係の強要、付け回す等の行為
  • ・業務の適正な範囲を超えて、衣服・身体接触やプライバシーを侵害する行為
  • ・職場において行われる性的な言動により、周囲の役職員の就業環境を妨げる行為

3. 妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント行為

  • ・職場で働く者の妊娠・出産及び育児・介護等に関する制度または措置の利用に関する言動により役職員の就業環境を害する行為
  • ・職場で働く者の妊娠・出産及び育児・介護等に関する制度もしくは措置の利用の請求等またはその利用を阻害する行為
  • ・妊娠・出産等を理由として不当な異動や退職等を勧奨・強要したり解雇をちらせつかせたりする行為

4. その他ハラスメント共通行為

  • ・職場の地位や権限、優位性を背景に本来の業務の範疇を超えて継続的にプライバシーの侵害や人格と尊厳を傷つけるような言動行為
  • ・意図的に根拠のない流言や、他人を貶めるような 噂の流布等行為
  • ・ハラスメントを相談したことによって、被害者や相談者を責めたり、嫌がらせ、解雇、降格、減給、異動、不当な人事考課等の不利益行為を示唆する行為
  • ・ハラスメント通報等に対する妨害、通報等に対する報復行為

 当社は、ハラスメントに関する相談窓口を設けて対応しています。相談は、被害者のみならず当社に関係する全ての人を対象としています。また、実際に生じている場合だけでなく、生じる可能性がある場合や、放置すれば就業環境が悪化する恐れがある場合も含め、広く対応します。 その際、相談者はもちろんのこと、事実関係の確認に協力した人等についてもプライバシーを厳守したうえで、不利益な取扱は行いません。

2020年2月20日 株式会社エイト日本技術開発
代表取締役社長 小谷 裕司