EJ INNOVATION TECHNOLOGY CENTER

EJイノベーション技術センター


地震時における崩壊危険個所抽出技術の開発

RESEARCH THEME

 道路斜面の被害想定や道路啓開計画の策定において、斜面の崩壊危険箇所(山側、谷側)の設定は、崩壊するか・しないかの大胆な想定に基づいており、合理性の低い”割り切り”により行われていることが多く見受けられます。また、膨大な費用をかけて実施している道路斜面の防災点検は、地震時についてはほぼ考慮されていないという実態があります。
 そこで、地震時の道路法面被害想定の精度を向上させるため、群馬大学大学院理工学部若井教授との共同研究を続けています。
 過去の地震被害事例をもとに崩壊発生と規模に関わる地形・地質要因を抽出するとともに、震度に応じた崩壊発生率と発生した場合の影響度の評価手法を設定します。これにより、道路防災点検結果や路上目視から得られる簡単な地形・地質情報から、より現実的な危険箇所の抽出と合理的な被害想定のシナリオを作成する方法を開発しました。

EJEC 地震時斜面崩壊危険度 発生要因・影響要因の抽出

発生要因・影響要因の抽出

EJEC 地震時斜面崩壊危険度 危険度別・震度別発生率

危険度別・震度別発生率

EJEC 地震時斜面崩壊危険度 大規模化度の分類フロー

大規模化度の分類フロー

EJEC 地震時斜面崩壊危険度 南海トラフ巨大地震による崩壊危険個所の抽出例

南海トラフ巨大地震による崩壊危険個所抽出例