survey

測量・補償

UAVレーザー測量による復興支援

2019.03.20

メディアからの取材にも対応

 

 2018年7月豪雨災害の被災地等の早期な復興事業に着手するため、被災したみかん園地のUAV*レーザー測量を実施しました。被災農地再生に向けてEJECの測量技術が一助となっています。

*UAV(Unmanned Aerial Vehicle / 無人航空機):通称としてドローンと呼ばれる。

業務名
県単復南(30委)第101号 農地復旧モデル測量設計業務(南予)
場所
愛媛県宇和島市吉田町
期間
2018年8月21日~2019年3月20日
事業主体
愛媛県南予地方局農村整備課

レーザー:国土交通省(国土地理院を含む)やJIS(日本工業規格)ではレーザと称する