roads-transport

道路・交通

送り出し工法を採用 一般国道9号 野広1号大橋

2010.03.31

EJEC 株式会社エイト日本技術開発 一般国道9号 野広1号大橋
 

 一般国道9号の直地(ただち)防災整備に伴うバイパスが津和野川を横過する位置に計画された「野広第1大橋」の橋梁詳細設計でした。
 本橋は、道路線形上、河川に対する斜角が非常に小さく、橋脚の設置スペースが限られた条件でした。このため、さまざまな橋梁形式の検討を行い、互い違いに張り出した橋脚とする「鋼3径間連続合成開断面箱桁橋(柱はRC、梁はPC)」を採用しました(L=34+65+34=133m)。
 また、現況国道への影響及び河川環境への影響を考慮し、中間橋脚には「1点支承構造(免震支承)」、上部工架設には河川内施工のない「送り出し工法」を採用しました。

 

路線名
一般国道9号
業務名
直地防災野広1号橋詳細設計業務
場所
島根県鹿足郡津和野町
期間
平成21年11月5日〜平成22年3月31日
事業主体
国土交通省中国地方整備局
浜田河川国道事務所