roads-transport

道路・交通

急峻な沢部を越える米峰大橋 飯田富山佐久間線

2009.10.29

EJEC 株式会社エイト日本技術開発 飯田富山佐久間線 橋梁

 

 飯田富山佐久間線は長野、愛知、静岡の3県を「県道1号」という名前でつなぐ珍しい路線です。
 この路線では、通行止めなどが少なくし、山間地域の振興に寄与し、道路交通を円滑化するための道路改築が進められていますが、その一環として計画された橋梁の詳細設計を担当しました。
 急峻な沢部を越える箇所に計画されており、さまざまな制約から曲線の橋梁となっています。
 橋梁予備設計を基に、現道との交差条件、架橋地点の地形等を踏まえ、橋台形式をラーメン式に変更し、橋長を10m程度短縮し、橋長151m、支間74mのPC2径間連続箱桁ラーメン橋としました。
 この過程では、非線形動的解析による耐震性照査、ラーメン式橋台のL2レベル耐震性照査を実施し、安全性を確保しています。

 

路線名
(主)飯田富山佐久間線
業務名
平成20年度 地方道路交付金工事に伴う設計業務委託
場所
長野県飯田市米峰
期間
平成21年2月24日〜平成21年10月29日
事業主体
長野県 飯田建設事務所