recycling-energy

資源循環・エネルギー

環境について学べるごみ処理施設の工事監理

2018.03.30

業務名
八代市環境センター施設整備及び運営に係るアドバイザリー業務
八代市環境センター建設事業に伴う設計施工監理業務
場所
熊本県八代市
期間
2012年6月15日~2015年3月27日
2015年3月31日~2018年3月30日
事業主体
八代市

 エコエイトやつしろ(八代市環境センター)は、エネルギー回収推進施設とマテリアルリサイクル施設で構成されています。エネルギー回収推進施設では、ごみの焼却処理と焼却の際に発生する排熱を利用し発電を行っています。マテリアルリサイクル施設では、缶類・ビン類・古紙類・プラスチック類の資源物を収集・処理しています。
 本施設の建設は、DBO方式*により民間事業者に施設の設計・施工と20年間の施設の運営管理をセットにして発注され、当社はその設計・施工に係る工事監理業務を担当しました。
施設の建設と運営管理については4つの基本方針に基づき実施しています。

  1. 資源の有効利用により出来る限り最終処分しない施設
  2. 長期の安定稼働と効率性に優れた施設
  3. 環境に配慮した安心・安全な施設
  4. 周辺と調和し、市民に親しまれる環境拠点施設

 環境拠点施設としては、八代市の環境やごみ処理の状況について市民が学んでもらえるように、環境学習コーナーや見学コースを設けています。また、将来の建替え用地として確保した隣接地には、子供向け遊具や八代海を望む観察デッキを備えた緑地広場があり、市民に開放しています。
 なお、本施設の建設中には、2016年に発生した熊本地震の被害を受けましたが、工事関係者の協力の下、2018年7月から稼働することができました。

DBO(Design Build Operate)方式*:公共が起債や交付金等により資金調達し、施設の設計・建設、運営等を民間事業者に包括的に委託する方式。

エコエイトやつしろ