maintenance

維持管理・保全

広島国道中部地区橋梁点検

2021.02.26

    

路線名
一般国道2号、一般国道31号、一般国道54号
業務名
広島国道中部地区橋梁点検業務
場所
広島維持出張所~広島維持出張所(可部分室)管内
期間
2019年10月05日~2021年02月26日
事業主体
国土交通省 広島国道事務所

 本業務の対象となる一般国道2号は大阪から北九州に至る日本の大動脈であり、また、一般国道31号、54号は広島からそれぞれ呉や松江(島根県)を結ぶ古くからの街道です。
 本業務は広島国道事務所が管理する橋梁を点検することで、損傷及び変状を早期に発見し、安全・円滑な交通を確保するもので、結果として沿道や第三者への被害防止にもつながります。
 橋梁の点検作業は、橋梁点検車や高所作業車による近接目視のほか、全方向衝突回避センサーを有する小型ドローン等、新しい点検支援技術を用いて実施しました。
 また、今後の橋梁維持管理に必要な資料を得るため、橋梁ごとに損傷区分判定を行い、損傷図や点検調書の作成を行いました。点検調書の作成にあたっては、橋梁3次元モデルの作成等、近未来のインフラ維持管理DX※化に向けた取り組みを行っています。

※DX:デジタルトランスフォーメーション

 

小型ドローンによる点検状況

全方向衝突回避センサーを有する
小型ドローン技術

モニターによる小型ドローン
撮影画像の確認

3次元モデルを用いた点検調書の作成

橋梁毎に損傷区分/種類の色分け