research

調査・研究

第6回 震災対策技術展(大阪)に出展します
(災害リスク研究センター)

2019.05.21

「震災対策技術展」は、国内の地震・自然災害対策関係者が一堂に会する大規模な技術見本市であり、毎年、仙台、横浜、大阪の3会場で開催されており、大阪会場での開催は今回で6回目となります。
弊社としての出展は、2016年の初出展から4回目を数え、展示内容を年々充実させてきました。

今回は、AUV(自律型無人潜水機)やIoTを活用した地震時即時被害推定システムなどのハードな防災技術と、自治体の災害対応時の人員配置や工程管理を支援するソフトな防災技術など、6つのパネルを展示します。
是非、弊社のブース(No.305)にお越しください。スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

また、出展以外にセミナー講演も行います。今回は、徳島大学環境防災研究センターの湯浅恭史先生(専門分野:事業継続、危機管理)をお招きし、弊社職員と共同で登壇させていただきます。お陰様で、現在満席の申込を頂戴しておりますが、当日空席があれば参加も可能ですので、会場へ足を運んでいただければ幸甚に存じます。

セミナー講演

  1. 演題:BCPをより実効性の高いものとするためには? ―企業・病院・自治体―
  2. 日時:6月7日(金) 10:30~11:15
  3. 講演者:・徳島大学 環境防災研究センター 助教 湯浅 恭史
        ・(株)エイト日本技術開発 都市環境・資源・マネジメント事業部 プロジェクトマネージャー 三村 昇
  4. 公式サイト

開催概要

名称
 第6回「震災対策技術展」(大阪)―自然災害対策技術展―
会期
 令和元年6月6日(木)~7日(金) 10:00~17:00(初日のみ18:00まで)
会場
 コングレコンベンションセンター(グランフロント大阪内 北館地下2階)
主催
「震災対策技術展」大阪 実行委員会
後援
 内閣府政策統括官(防災担当)/総務省/文部科学省/農林水産省/経済産業省/国土交通省/防衛省/消防庁/気象庁/警察庁/大阪府/三重県/滋賀県/京都府/兵庫県/奈良県/和歌山県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/大阪市/京都市/神戸市/全国知事会/全国市長会/全国町村会/公益財団法人 日本消防協会/公益社団法人 日本地震工学会/公益社団法人 日本技術士会/公益社団法人 日本地震学会/公益社団法人 土木学会 関西支部/公益社団法人 地盤工学会/公益社団法人 全国防災協会/公益社団法人 日本地理学会/公益財団法人 地震予知総合研究振興会/公益社団法人 日本地すべり学会/一般財団法人 関西情報センター/一般社団法人 日本建築学会/一般社団法人 日本応用地質学会/一般社団法人 地域安全学会/一般財団法人 日本建築防災協会/一般社団法人 日本建設業連合会/一般財団法人 砂防・地すべり技術センター/一般社団法人 斜面防災対策技術協会/一般社団法人 日本免震構造協会/国立研究開発法人 防災科学技術研究所/特定非営利活動法人 日本防災士会/大阪商工会議所/関西広域連合/全国消防長会/アジア防災センター/関西大学社会安全学部/京都大学防災研究所/日本自然災害学会/日本災害情報学会 (順不同)

当社出展のご案内

震災対策技術展出展案内