research

調査・研究

「令和元年 山形県沖地震被害調査 報告書」掲載
(災害リスク研究センター)

2019.07.11

被災調査結果報告

令和元年6月18日22時22分頃、山形県沖(酒田の南西50km付近)の深さ14kmを震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市府屋で震度6強、山形県鶴岡市温海川で震度6弱が観測されました。この地震により、村上市、鶴岡市を中心として重軽傷者41名、住宅被害788棟(7月1日 11:00内閣府発表)の人的・物的被害が生じましたが、幸いなことに死者は確認されておりません。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

弊社では、防災保全事業部の調査チームが、6月28日(金)に酒田市、鶴岡市、村上市の被災地に入り、被害状況を調査して参りましたのでその結果をご報告します。

「山形県沖地震被害調査 報告書 (2019年7月8日版)」(PDF:3.4MB)

 

自然斜面の表層崩壊