business-development

新規事業開発

株式会社那賀ウッド(森林資源の6次産業化・官民連携による山村活性化事業)

2014.04.02

事業会社名
株式会社那賀ウッド
事業箇所
徳島県那賀町
出資者
株式会社エイト日本技術開発(50%)
徳島県那賀町(20%)
木頭森林組合(20%)
開成工業株式会社(10%)
事業内容
木粉など木材加工品の製造・販売・工事・コンサルティング事業

事業会社設立年
2014年4月

 EJECは、少子高齢化や産業・生活基盤の衰退が特に激しい中山間地域において、その地域の再生や、自立的・持続的な発展を支援するための新たなビジネスモデルの開発や普及事業に取り組んでおります。またその中で、我が国の豊富で高品質な森林資源に着目し、林業の高付加価値化を目指した事業を推進しております。

 近年は、地球規模での気候変動対策、プラスチックごみによる海洋汚染問題への対策といった観点から、世界全体で化石由来原料の代替を図る動きが加速しております。また、SDGsへの貢献として、将来に向けた持続可能な循環型社会の形成も求められており、そのキーとなる原料として、カーボンニュートラルな自然素材である森林資源への注目が高まっております。

 しかし、森林資源をうまく活用するためには、山林の適切な管理や間伐資源の効率的な搬出、そうした基幹事業を担う人材の育成、更には、幅広い木材原料の販路開拓や高付加価値化等でバリューチェーンを強化し、循環型のビジネスモデルを構築することが必要不可欠です。

 そこでEJECは、総合建設コンサルタントとして蓄積してきた国土保全に資するノウハウと地域ネットワークを活用し、新たな林業ビジネスモデルの開発・普及事業に取り組んでおります。現在は、徳島県那賀町や地元森林組合等との共同出資により設立した株式会社那賀ウッドを通じ、高機能な木質資源の高単価販売や流通の円滑化を促す様々な収益事業を、官民連携による強固な推進体制を構築して積極的に展開しております。

事業沿革
2015年3月 徳島県那賀町にて木粉製造工場設置、ウッドプラスチック事業・コンサルティング事業開始
2016年4月 木材加工品事業、木育事業開始
2017年以降 ウッドデザイン賞など複数を毎年受賞
2019年2月 木育サミットin徳島にて実行委員会・分科会座長としてプログラム実施
2021年7月 那賀地域製材・木材加工協議会の設立及び加入

 

地元木材の集積及び木粉への加工施設

木粉原料を活用したウッドデッキ製品

天然木のオリジナルSUPボード製品の開発や体験イベントの企画・運営

お問合せ先

庄野 洋平(しょうの ようへい)

株式会社エイト日本技術開発 事業推進本部営業戦略推進部
(株式会社那賀ウッド 統括マネージャー)

電話:03-5341-5154
Eメール:shouno-yo@ej-hds.co.jp

リンク: 株式会社那賀ウッドホームページ