INTERVIEW

新卒採用 インタビュー

2015年入社 道路・構造グループ

NEW GRADUATES’ INTERVIEW

より良い道路づくりを、チーム全体で協力しながら模索しています。

私が所属する部署では、道路・交通分野に関するハード、ソフト両面の業務を担当しています。その中で、私は道路設計を担当しています。大まかな流れは、まず道路整備の方針・目的を把握した後に、実際に現場まで足を運び現地状況を確認。その後、様々な基準を基に設計条件を整理し、現地や条件に合致した道路の図面・数量計算書を作成します。また、警察や地元の方々等との協議を行い、設計に反映させ、最終的に報告書の作成、となります。正解が見えない仕事ですが、チームプレーで最適な解を追求し、より良い道路づくりを目指しています。

PROFILE

  • #技術
  • #新卒採用
  • #2015年入社
  • #苦労を越えて
  • #プライベートも充実

入社のきっかけを教えてください

人々の生活に必要不可欠な公共インフラの設計・計画に携わりたいと思い就職。

私は、父親が建築業に携わっているため、幼い頃から設計図を見る機会があり、その度に将来は設計、計画業務に携わりたいと思っていました。大学の講義を通じて、多くの人々の生活に必要不可欠な公共インフラの設計・計画を担う建設コンサルタントになりたいと思い、就職活動を行っていました。EJECの就職説明会では、繁忙期にも関わらず先輩社員の方が丁寧に仕事や、会社の雰囲気などを説明して下さったのが印象に残り、入社を決意しました。
入社以降、嬉しかったこと、辛かったこと多々ありましたが、振り返るとエイト日本技術開発に入社して良かったなと感じています。

入社して間もない時は、上司からの指示通りに仕事をこなすだけで精一杯で、大変でした。経験を重ねるにつれて業務を任せられる立場、後輩に指示する立場となり、技術的にも精神的にも成長したなと感じます。その中で特に印象に残っているのが、初めて私が主担当を任された業務です。自分自身で計画した内容を発注者に如何にして分かりやすく伝えられるか考えに考えを重ねて協議資料を作成しました。協議の時に発注者の方から「とても分かりやすい資料を有難うございます!」との言葉をかけて頂いた時は、とても嬉しく、今でもあの時のことは忘れられません。

公共インフラの中でも「道路」は、日常的にほとんどの人々が利用していることは周知のとおりだと思います。また、道路設計は遵守すべき基準はいくつかありますが、地形、土地利用状況、道路のニーズ等、全く同じものはありませんので、技術者の考え・方針が反映されやすい仕事だと思います。その自分の考えを反映させて設計した道路が実際に完成し、不特定多数の方が利用している状況を見た時の達成感や充実感が、この仕事の一番の魅力、やりがいです。

職場の雰囲気はどうですか?

様々な分野のプロが部門を超えて意見交換できる職場です。

EJECは道路、橋梁、トンネル、河川・港湾、都市計画、上下水道、造園、地質、測量、補償関連等、幅広い分野に携わる総合コンサルタントで、国内外に支社・支店がありますので、幅広い分野、様々な状況に対する知見を持つ技術者が居ることが特徴です。その環境もあり、気軽に相談し合える雰囲気があります。また、近年は若手社員、女性社員の採用も増えていますので、土木業界のイメージとは反対に、活気にあふれた職場となっているのも特徴かと思います。

また、育児・介護休暇や借上げ住宅の家賃補助、転勤が無い地域限定職制度などの他にも、最近よく耳にする「働き方改革」に対しても様々な制度を積極的に導入しています。まずは「ノー残業デー」。毎週水曜日は定時退社をするよう心掛けています。次に「カエル札」。退社時間の見える化を行い、作業の分担・効率化を図ります。そして「PCモニターロック」。22:00~6:00の間はPCが原則使えず、深夜残業の削減に努めています。今後も、働き方の多様化に向け、様々な制度の拡充が期待できる会社だと感じています。

今後のビジョンを教えてください

専門知識を高めながら、幅広い分野の見識も深めていきたいです。

私は、「建設コンサルタントとは、発注者や地元の方々のニーズを理解した上で、より良い公共インフラとなるよう、最適な提案を行う土木技術者集団」だと思っています。そのためにも、専門分野はもちろん、他の幅広い分野の技術も身につけつつ、今まで培ってきた技術や経験を後輩や今後入社してくる後輩たちに伝えていきたいと思っています。

休日の過ごし方

休日は、動画配信サービスや野球中継をゆっくり家で観る日もありますが、ショッピングやドライブ、飲食店巡り等、外出することが多いです。また、連休や天気が良い時は、国内旅行をして、ご当地グルメや観光を楽しんでいます。
 やはり、プライベートの充実も大事なことだと思いますので、些細なことでも何らかの趣味を持つよう心掛けると良いと思います。

1日のスケジュール

SCHEDULE

7:00

起床・出勤準備

WAKE UP

7時に起床し、朝食をとった後、洗濯、部屋の掃除等の家事を行います。スーツに着替え、必要なものをカバンに詰め、出勤します。

出社・業務開始

COME TO WORK

メール確認、1日のスケジュール確認、社内の事務処理を行います。週に1度開かれる部署の業務管理ミーティングで、各々が担当する業務の進捗状況を報告します。客先との打合せに向けて協議目的を考え、資料の素案を作成します。上司に報告、相談し、助言を貰います。

9:00

12:00

昼休み

LUNCH BREAK

昼休みに入り、昼食をとった後、20~30分ほど仮眠をとります。頭がスッキリするので、午後の仕事にも集中でき、良いリズム調整になっています。

資料作成・勉強会

DAYTIME WORK

今まで検討してきた資料や図面を基に、文字の大きさ、色合い、図の添付に配慮した上で、分かりやすい協議資料作成を心がけます。週に1,2回開かれる部署の勉強会に参加し、新しい知見、技術の習得に努めます。

13:00

17:30

資料作成・事務作業

DAYTIME WORK

作成した協議資料について、自分自身で誤字脱字や文章のロジックをチェックし、修正箇所があれば修正します。上司に協議資料を確認してもらい、助言を反映させた協議資料に修正します。

退社

LEAVE

明日の作業内容を確認・整理した後に、基幹システムで1日の作業内容を記録し、退社します。

19:30

20:00

帰宅・夕食

GO HOME

帰宅後、食事、入浴し、趣味である動画配信サービスにてバラエティー番組を観てリフレッシュします。