INTERVIEW

新卒採用 インタビュー

2016年入社 資源循環グループ

NEW GRADUATES’ INTERVIEW

様々な専門を持つ方が在籍しているのがエイト日本技術開発の強みです。

私の所属する資源循環Grでは、主に市町村から排出される廃棄物に関する仕事をしています。ごみ処理に関する業務を行うことが多いですが、業務内容は、ごみ焼却施設・リサイクル施設の整備計画策定業務や施設整備を行う事業者の選定支援業務、施設運転のモニタリング業務等多岐にわたります。必要とされる知識は多いですが、地域にとってより良い提案ができるよう、日々学び考えることを心がけています。

入社のきっかけを教えてください

廃棄物分野の建設コンサルタントに興味を持ちました。

就職活動中に考えていたことは、「同じような仕事を続けていては、すぐに飽きてしまうのではないか」ということでした。業界研究をしていく中で、大学では廃棄物関連の研究室に所属していたこともあり、廃棄物分野の建設コンサルタントは様々な仕事ができるのではないかと興味を持ちました。社員の方に直接話を聞いたところ、様々な地域で多様な業務を行っており、私の抱いていた仕事のイメージと近かったため、入社を決めました。

コンサルタントの仕事は、相手に納得していただくことが重要だということを再認識しました。わかりやすい資料を作成することも重要ですが、それ以上に相手に伝わるように話す技術が大切です。相手の理解に合わせ、他事例や実態を踏まえたわかりやすい説明をするためには、技術的な知識習得や社会情勢にも気を配る必要があります。覚えるべきことが多く、すぐに上達するものではありませんが、先輩方の仕事を見て学ぶことで、入社当初と比べると少しずつ成長を感じています。

職場の雰囲気はどうですか?

聞きたいことがあれば、気兼ねなく質問できる環境です。

最初のうちは相手の時間を奪ってしまうのではないかと遠慮してしまいますが、自分で考え、判断が難しいことは質問するようにしています。質問に対しては丁寧に回答していただけます。また、業務の中で地質や環境の専門分野に強い技術者の力を借りることもあります。様々な専門を持つ方が在籍しているのは当社の強みだと思います。

時期にもよりますが、仕事量がそれなりにあり、打合せのための外出も多いため、月に数十時間の残業は発生します。ただし、プロジェクトごとに業務を行うため、時間の使い方にはある程度個人の裁量があります。そのため、有給休暇取得や長期の休暇取得も可能です。定時退社を希望する日には共有スケジュールに記載するなど、周りが残業しているからといって帰りづらいということもありません。メリハリのある時間の使い方ができていると思います。

今後のビジョンを教えてください

チームで仕事をする中で多くを学んでいきたいです。

お客さまや地域に住む人々のために、よりよいご提案ができるようになりたいと考えています。そのためには、専門分野はもちろんのこと業務に関連する様々な知識を学び、理解する必要があります。自分自身で知識を増やすことも有効ですが、チームで仕事をする中で人とのかかわりによって多くを学んでいきたいです。また、身につけた知識を、わかりやすく後輩に教えられるようになりたいです。

休日の過ごし方

休日は、テニススクールに通ったり、スポーツジムに通ったりして、体を動かしています。食べることも好きなので、東京周辺のおいしいものを食べに行きます。

1日のスケジュール

SCHEDULE

7:00

起床

WAKE UP

朝7時に起床し、出勤します。

出社

COME TO WORK

業務開始、メールの確認、1日の業務スケジュールを検討。新しい業務が始まる時には、前提条件の把握や支給された資料の整理、全体のスケジュールを見ながら自分の担当の仕事内容を想定します。

9:00

12:00

昼休み

LUNCH BREAK

昼休みに入り、昼食をとります。

業務

DAYTIME WORK

打合せ用資料作成、プロジェクト担当者で社内会議。
あいまいな部分を残さないよう、分からないことは臆せず質問します。

13:00

17:00

退社

LEAVE

17時までに業務を終え、退社します。

帰宅

GO HOME

帰宅後は自宅でゆっくりし、23時には就寝します。

19:10