INTERVIEW

新卒採用 インタビュー

2016年入社 耐震・保全グループ

NEW GRADUATES’ INTERVIEW

様々な事を学習し、幅広い知識を持ったコンサルタントになりたいです。

私が所属する防災保全事業部では、自然災害に備えるべく、ハード・ソフトの両面から業務を実施しています。その中で、私は自治体の防災に関する計画の策定支援や、災害時の対応の円滑化のためのシステム開発に向けた調査・検討等、ソフト対策を中心とした業務を担当しています。コンサルタントとしてお客様に対して過去の災害の知見を踏まえた提案等を行い、これから起こりうる災害の被害を最小限にとどめるべく、日々の業務を行っています。

入社のきっかけを教えてください

地震の研究をしているときに、防災ならエイト日本技術開発と聞いて入社しました。

在学時に地震工学に関する研究室に所属し、地震について研究している中で、この会社を知りました。防災に携わる仕事をしたいと思っていた中で、担当教員より、防災に関した仕事ならエイト日本技術開発なら、いろいろな事をやっていると助言をいただき、この会社への入社を決めました。

入社して感じた事は、私が検討した事を説明する際の資料をいかにわかりやすく作成するか、また、お客様との実際の打ち合わせの際に、いかにわかりやすい説明を行うかが非常に重要であるという事です。入社当初は作成した資料を上司に提出すると、ほぼ全面にわたり修正されてしまったという苦い経験もあります。ただ「相手にわかりやすいものを作る」といった意識を持って業務を行ってきた結果、まだまだこれからも勉強が必要ですが、そういった点で大きく成長できたのではないかと思います。

職場の雰囲気はどうですか?

会社全体としては“ふんわり”とした空気感があり、仕事をしやすい環境です。

職場は良い意味でマイペースだな、と感じています。もちろん、チームで協力し業務を行うのですが、個人の裁量に任せてもらえる場面も多くあり、自分のペースで仕事をさせてもらえています。また、相談したい事がある場合には上司に時間を作ってもらえますし、とても仕事をしやすい環境となっています。部署によってそれぞれの色があると思いますが、会社全体としては“ふんわり”とした空気感があるかなと、個人的には思っています。

建設コンサルタント業界に対しては、激務というイメージを持たれている人もいるかもしれませんが、私自身は激務であると感じた事はありません。たしかに、忙しい時期や、帰るのが遅い日が続くこともあります。しかし、年間を通すと、夏休みや有給休暇を自由に取れるよう上司から配慮してもらえますし、最近は、会社全体としてもワークライフバランスに力を入れているため、働きやすい環境がさらに整備されるのではないかと期待を持っています。

今後のビジョンを教えてください

細かな所まで気を使える「痒いところに手が届くような人」になりたいです。

一言で「防災」と言っても、被害の想定やインフラの強化、自治体の対応体制の整備など、その種類は多岐にわたるため、これからも様々な事を学習し、幅広い知識を持ったコンサルタントになりたいです。また、お客様と一緒に検討を行いながら業務を進めていくことが多い仕事ですので、細かな所まで気を使える、「痒いところに手が届くような人」になりたいと思いますし、そのような方がいてくれると非常に助かるのではないかと思います。

休日の過ごし方

休みの日には家でゆっくりする日もあれば、大学時代からの友人と旅行に行くなどアクティブに過ごす日もあります。また、学生時代から続けているダンスをしに、ダンススタジオに通い、気分転換をしています。

1日のスケジュール

SCHEDULE

7:00

起床

WAKE UP

朝7時に起床し、出社準備をします。

出社

COME TO WORK

段取り、準備、確認。基本的なことを確実に行うことを心がけます。

9:00

12:00

昼休み

LUNCH BREAK

昼休みになり、ゆっくり昼食をとります。

業務

DAYTIME WORK

明日の打合せ資料の最終チェック。わかりやすく、漏れが無いか、チームで意見を出し合います。修正して、上司の確認後、印刷します。

13:00

19:00

退社

LEAVE

打合せの進め方をイメージしながら退社準備。基幹システムで1日の作業内容を記録して退社。

帰宅

GO HOME

夜8時に帰宅し、深夜0時には就寝します。

20:00