作品集:エチオピア連邦民主共和国 第三次幹線道路改修事業

業務名
エチオピア連邦民主共和国 第三次幹線道路改修事業
場所
エチオピア国オロミア州セメンシェワ地区~アムハラ州ミスラックゴジャム地区
期間
2003年10月~2007年3月
事業主体
独立行政法人国際協力機構
施設概要
橋梁:RC単径間箱桁橋+PC3 径間連続エクストラドーズド箱桁橋(橋長303m)
道路:<切土> 1.硬岩:22,380m3 2.軟岩:33,150m3 3.土砂:204,150m3
   <盛土> 199,270m3(延長40km)

● 国道3号線は、首都アジスアベバを起点に、同国農業の最重要地域の3州を縦貫し、エリトリア国境に至る主要幹線で、スーダンからの石油製品の輸入路、スーダンへの日用品輸出路、ならびにECA(国連アフリカ経済委員会)が推進する「東アフリカ縦断道路」の一区間として、将来活発化することが予想される国際物流の動脈としても重要幹線である。

● 改修計画は、平均勾配8%の山岳道路の改修、ナイル川への新橋架設、工事延長40kmである。

● 当社は、オリエンタルコンサルタンツとのJVにより設計から施工監理まで実施した。


作品集:エチオピア連邦民主共和国 第三次幹線道路改修事業