研究グループ

水防災(海岸・港湾)研究リーダー:木村一朗

 東日本大震災以降、津波に対する防災・減災の取り組みが活発化していますが、構造物に及ぼす津波の影響や、施設による減災効果など、実務においては依然として多くの課題が残されています。また、我が国は津波だけでなく、高潮や冬季風浪など様々な沿岸災害の脅威にさらされています。津波シミュレーションとその可視化(中央大学樫山教授との共同研究)
 私たちは、高度な波浪変形解析技術への取組みや、解析結果を多方面に活用するためのポストシステムの開発等、大学と連携した先進的な研究により、沿岸災害からの防災・減災を目指します。