研究グループ

地震防災研究リーダー:末冨岩雄

 東日本大震災以降、「想定外をなくす」という表現がしばしば用いられますが、では具体的にはどうするのかとなると、国中が混乱しているのが現状です。私たちは、地震動評価・地震被害想定・防災計画策定支援など、広範囲の地震防災に取り組み、また国内の主な地震被害や海外の特徴的な地震被害の調査を行ってきました。これらのポテンシャルを活かしつつ、確率論的地震動ハザードマップ国の研究機関や学会・大学との連携を拡げ、最悪の事態だけは避ける方策、確率的に費用対効果を考えながら行う対策、ハードとソフトのバランス、など具体的で実効的な方策のための技術開発に取り組みます。